FC2ブログ

暮らす旅・南三陸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

振り返り.

2011年もあと3時間.
改めて1年の振り返りしてみました.

2011年1月.
希望に満ちた1年の始まりでした.
彩プロジェクトでは,新たな南三陸の魅力を発信しようと
スイーツプロジェクトに毎日あくせく!
そして,地域的には初の飲食店に行列が出来た取組みの
キラキラ春つげ丼」の準備がスタート!

2011年2月.
いよいよ彩プロジェクトの報告会の日.
みんなが主婦や嫁や母や妻の合間を縫って,それでも
最高に楽しんだ成果がここにありました.
「たったひとりの小さな力がやがて大きな波になる」
これが私たちの想い全てでした.

2011年3月.
一生涯忘れる事が出来ないでしょう.
3月11日 東日本大震災.この日を境に私も地域も
大きく変りました.
でもあの日の朝,確かにあの海は母なる海で,いつもの
輝きに満ちていました.

2011年4月.
日が暮れたら眠り,夜明け前に起きて避難所に向かう.
そんな日々がいつまで続くんだろうと思った.
でも,そこに光を降り注いでくれたのは地域の方々.
4月29日.誰もが無理だと思っていた「福興市」が開催
されたのです.

2011年5月.
震災から2ヶ月.まだまだ混乱の中,吉川由美さん率いる
ENVISIの皆さんの多大なる支援のもと,11日ごとに開催する
「南三陸の海に思いを届ける会」の第1回が開催されました.
興奮状態の中で日々を過ごし続けた住民.
変わり果てた南三陸の市街地を目の前に,追悼の灯火を
捧げ,いろんな思いに涙する地域の方々が印象的でした.
私も,あの日から初めて現実と向き合い溢れ出る涙を
押さえる事が出来なかった1日でした.

2011年6月.
2010年のきりこプロジェクトがご縁で,参加させて頂いて
いるアサヒ・アート・フェスティバル.
そしてみなさんのご支援で2011年も,ぜひとも南三陸に
あのきりこを掲げてほしいとのたくさんの声に励まされ
オープニングイベントに彩メンバーと共に参加.
人と人との繋がりに感謝でした.

2011年7月.
震災から4ヶ月.
待望の仮設の仮設市場が完成しました.
やっぱり南三陸には大漁旗が似合う!
漁師達が一気に活気に満ちてきました!

2011年8月.
8月13日.南三陸町民の復興へのひとつの夢が実現しました.
南三陸こども夢花火」です.
微力ながら実行委員に参加させて頂きました.決定から
わずか2ヶ月半.平常時でもイベントの開催はそんな簡単な
ものではありません.ましてや開催場所は,またいつ警報が
出されてもおかしくない浸水区域.
地域がひとつになるため,みんなで署名運動をやったり,
説明会をしたりしたことが昨日の事のように蘇ります.
あの日を境に,確実に前を向こうと歩き出してくれた方が
ひとりでもいたとしたなら,こんなに嬉しい事はありません.

2011年9月.
震災から半年.
この頃から,被災地からの声が多く取り上げられるように
なりました
きっと,いろんな意味でそれぞれの気持ちに区切りというか
整理がつき始めてきた頃だったのかも.
そして世の中では,この震災の記憶が少しずつ薄れて行く
時期でもありました.

2011年10月.
我が家でもやっと家族の時間が持てるようになった頃.
それでも月に2回程度だったかな.
子供達もよく頑張ってくれた.

2011年11月.
6月のオープニングから5ヶ月.
皆様のご支援のお陰で,8月には全国から寄せられた
280枚ものきりこを南三陸の空の下に掲げることが出来ました.
その御礼と,報告をかねて再度東京へ!
彩プロジェクトメンバ-もみんな多忙の中頑張りました!

2011年12月.
そして今日.まもなく2011年に終わりを告げようと
しています.
夕方のニュースでどこかの被災地の方が話してました.
「大変な年だったという一言では片付けられない」
まさにそれが本心だと思います.

書いてしまうと簡単に感じてしまうかもしれないけど,
これらを成し遂げるのに,本当に多くの方々のご支援,
そして「ご縁」があればこそ・・・と感じています.
心から感謝です


なんの不便も無く過ごしていた毎日.
特に個人的には彩プロジェクトがまさにこれから!という
矢先だったから,一時は本当に力が抜けた事もありました.

でもそんなことは言ってられない.
だって何より「命」があったから.

それさえあれば,少々の事は乗り越えられるんだ.
きっとそう.

あんまりそれだけに執着はしたくないけど,でも子供たち
も含め,忘れないでいたい.
今年,多くの人々の人生をも変える出来事が我が身に
降り掛かったという事実を.

そしてそれを切り開いて行くのも自分たちであるという
ことを.


いつもはさらっと流して見てた紅白から流れる音楽が
なんだか心にグッとくるな~.
年かしら??


今年最後の「暮らす・南三陸」は,この辺で幕を
閉じたいと思います.
1年,お立ち寄り頂きましたみなさま,本当に本当に
ありがとうございました.
みなさまからのコメントや拍手に支えられなんとか
続ける事が出来ました.

来年は更に南三陸を私らしく発信していきたいと思います.

良かったらまたお立ち寄りくださいね!

それではみなさま,良いお年をお迎えください(^^)


関連記事
スポンサーサイト
2011/12/31(土) 21:27:37 日々の暮らし トラックバック:1 コメント:0
<<幕開け. | ホーム | 1年の暮らし綴り.>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayunet07.blog51.fc2.com/tb.php/752-c4c9d9fc

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/05/13(日) 19:09:41 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。