FC2ブログ

暮らす旅・南三陸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福興市!

別に週に一回って決めてるわけじゃないんだけど、前回の
アップから早くも1週間。
はぁ~。今週もいろんなことがありました…。

なんでしょうねぇ~。
捨てる神あれば拾う神あり…
拾う神あれば捨てる神あり…

そんな言葉がぴったりの1週間だったかもしれません。

震災から間もなく8か月。
もしかしたら、多くの方々は、もう被災地も通常に戻って
いるって思っているかもしれません。
でも、先日5か月ぶりに当町を訪れた方が言ってました。
「全然変わってない…」

確かに、大きな山のように積まれた瓦礫、信号のない
国道。処分が決まらない被災した建物。
そんなのがまだまだたくさんあります。

でも、進んだところも確かにあります。
週の頭月曜日には、仮設市場がオープンしました。
風になびく大漁旗。威勢のいい漁師たちの声。
まさにこれ。これが南三陸の姿です。

まだまだ通常とはいかなくても、少しずつは進んでる。

でもね。
最近ふと思うのが、この地域の中で、自分はどんな
位置にいるんだろう?ということ。
毎日毎日バタバタとこなしてる仕事は、地域の復興に
どんな役割を果たしているんだろう。

毎朝の通勤で、登米市から南三陸町に入り、あの無残な
市街地の姿を見るたびに考えさせられます。

無駄でないことを祈るばかりですが、先が見えない
「復興」という大仕事を前に、少々バテ気味かも。

こんな時は、とっても原点に帰りたくなる。
地域の皆さんと、ひざを交え夢のある南三陸の将来像を
語っていたあの頃。
私のパワーの源は、やっぱり現場かも。
地域の声を直に聞いて、進むべき道、変えるべき姿を
共有するっていうのは、本当は今こそ大事なのかも。

そうなんだよな~。
この流失した町の姿を見て、外から来た人は、あたかも
以前からゼロだった町のような錯覚をするのでしょう。
いろんな話をお持ちになる。
確かに、元の姿に戻ったからって、町民みんなが幸せかって
問われればかなりきびしい。
でも、そんな中でも、ひとりひとりがこの町で生きることの
なんらかの役割を担って、立ち位置があって、暮らして
来たんだと思う。
それが郷土愛になり、地域づくりに繋がっていく。

今は、いろんな喪失感から、そんな精神がちょっとだけ
抜けちゃってるだけと思いたい。

壊滅的とまで言われたこの町に、それでも残る決意をした
多くの町民の人たち。
きっと、今は「生きる力」が必要なんだと思う。

「してもらって」動いてるパワーじゃなくて、自らが
動きだせるパワー。

そんなきっかけを、作っていけたら。
バテてる暇なんかない。
動かねば!



明日は毎月恒例となった福興市。
彩プロジェクトももちろん参戦!
明日の目玉は、新柄のTシャツと、トートバッグ、そして
タンブラー!
DSC_0124.jpg
今回のデザインは松と満月、船がデザインされたもの。

震災前、市街地を流れる八幡川沿いにあった「松月館」を
テーマに切ったきりこのデザインです。
なぜ松と月に船がデザインされているのか。

それはぜひとも彩のブースでメンバーから直接聞いて頂き
たいですね。

そのほかにも前回に引き続き、中国茶のサービスや、なんと
手作り肉まんの試食も行われます!

ぜひぜひ南三陸の元気な女性たちに会いに来てください。



関連記事
スポンサーサイト
2011/10/29(土) 16:32:29 イベントいろいろ トラックバック:0 コメント:2
<<オフ! | ホーム | しっとりな土曜日。>>

コメント

ありがとうございます。

シャトさん、お立ち寄りありがとうございます。
そして、いつも南三陸町を気遣って頂き、本当に感謝です。
10月末で、私たちが行う被災地学習プロジェクトへの参加者が
1000人を超えました。
大きな流れはなくても、発信することでそれだけ個々の関心は
まだまだあるのだと思います。
それが興味本位だけではなく、いつか必ずこの町の地域振興に
繋がるものと思い、今は前進あるのみです。
間もなく震災から8か月。
ここから1年をどう迎えるかが、本当の正念場なのかもしれません。

想うだけではなく、日々実践で取り組みたいと思う今日この頃です。

ぜひまたお立ち寄りくださいね!
  1. 2011/11/03(木) 07:57:59 |
  2. URL |
  3. mayumayu #-
  4. [ 編集]

もう11月ですね。

mayumayuさんこんにちは♪
最近は震災関係の仕事といっても福島関連が多い毎日を過ごしています。

「全然変わってない…」……その言葉、すごく理解できますし、すごく重く感じます。それが現実だと思います。
私は公務員として神戸や新潟の地震の対応も経験してきました。でも、災害から半年以上経っても、こんなに先が見えて来ないなんて思いませんでした・・・・・・
多くの人々が求める「生きる力」、それを真剣に考えて取り組んでいるmayumayuさんを正直凄いって思います。
とにかくお体を大切に。これからまた本格的に寒くなりますよ…
  1. 2011/10/31(月) 21:40:32 |
  2. URL |
  3. シャト #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayunet07.blog51.fc2.com/tb.php/733-4b91577d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。